×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

元ネット広告代理店が解説するリスティング広告>SEOとリスティング広告どっちがいいのか?
 元ネット広告代理店が解説するリスティング広告の始め方
メニュー
●トップページ

【基礎知識編】

●リスティング広告とは
●リスティング広告のメリット
●Yahoo!リスティングとアドワーズ(Adwords)

【実践編】

●リスティング広告は自社運用すべきか?代理店に任せるべきか?
●元代理店営業からみた上手いネット広告代理店の利用のしかた
●SEOとリスティング広告どっちがいいのか?
●キーワードの選び方
●広告原稿の書き方
●入札単価・順位の決め方
●実際の成果を測定しよう

PR
【PR】LINE公式集客サービス「LINE@」

【PR】SEOに使える被リンク対策サービス比較


【PR】おすすめ!ETCカードも年会費無料のクレジットカード

おすすめ書籍

 リスティング広告の本質とそのリスティング広告を使ってどうしたら利益率の高いビジネスが可能かをまとめた良書です。
 特にキーワード選びの参考になると思います。
SEOとリスティング広告どっちがいいのか?

 どっちがいいとかじゃくて
SEOとリスティング広告
両方取り組んで下さい。
 リスティング広告もSEOも両方やると考えないとまず競合には勝てません。
 リスティング広告は予算の制約がありますし、SEOで全ての希望キーワードで上位を狙うというは現実的ではありません
 SEOで上位表示を狙いつつ、SEOで手が回らないキーワードをリスティング広告で補完する手法をSEM(Serch Engine Markting=サーチエンジンマーケティング)といいます。

 SEOというと難しく感じますが現在はネットや書籍などでかなり情報も出回っており、最低限以上のSEO施策は独学でも習得可能です。
 現在はSEOに力を入れて対応したサイトを作れるサイト制作会社が大半です。

 もしSEOだけを専門会社に頼むのであれば、できれば先にリスティング広告を実施することをおすすめします。
 なぜならリスティング広告はいつでもリンク先ページの変更やキーワードの停止が可能です。しかし、SEOは依頼してから途中でキーワードを変更したりSEO施策をするページを変えることは困難です。
 リスティング広告でキーワードや上位表示させるページをテストして成果をみてから、SEO対策をすることによって高いSEO費用を払って上位表示させたのに思ったより成果に結び付かなかったという事態を回避することができます。
Yahoo!リスティング  国内No.1の検索エンジンYahooにキーワード広告を掲載できるオーバーチュアー広告
グーグル アドワーズ  国内No.2の検索エンジンGoogleにキーワード広告を掲載できるオーバーチュアー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
●トップページ

【基礎知識編】

リスティング広告とは
●リスティング広告のメリット
●Yahoo!リスティングとアドワーズ(Adwords)

【実践編】

●リスティング広告は自社運用すべきか?代理店に任せるべきか?
●元代理店営業からみた上手いネット広告代理店の利用のしかた
●SEOとリスティング広告どっちがいいのか?
●キーワードの選び方
●広告原稿の書き方
●入札単価・順位の決め方
●実際の成果を測定しよう